iPhoneにおける自由

###Site Name###

『私たちは、人間にとって自由になることとならないことがある、ということを受け入れなければなりません』。
作家の五木寛之氏の言葉です。
私たち人間は、自由にならないことにたいしてイライラします。

iPhoneにも自由になることと、ならないことがあります。


Androidとの比較では自由度がないという文脈で語られことが多いiPhoneです。
iPhoneはアップルによってインストールするアプリなども厳しく制限されています。

自由はありません。

そのようなiPhoneユーザの中には自由を求めて行動する人々がいます。

「jailbreaker(牢獄破り)」と呼ばれるエンジニアたちです。


彼らは、牢獄のように不自由なiPhoneを解放しようと制限解除に挑戦し続けています。

iPhone6Sの在庫サイト利用者からとても評判です。

こうして脱獄した端末は、App Store以外の自由なマーケットからアプリをインストールすることができるようになります。


これはとても魅力的なことです。
しかし、脱獄は魅力的なことばかりではありません。
脱獄した端末は、アップルからはソフトウェアライセンスに違反したものとみなされ、故障した場合も修理が受けられなくなります。

iPhone6sの予約を知りたいならご活用ください。

また、端末自体の故障や自由にアプリケーションを追加できるゆえにコンピューターウイルスなどの標的にされる可能が高くなります。
脱獄は自由と引き換えに大きなリスクをともないます。自由はリスクをともなう、ということは人間の人生にも言えることかもしれません。

iPhone6sの機種変更の最新情報を掲載しました。